• ホーム
  • 性行為をするならピルをクリニックで処方してもらおう

性行為をするならピルをクリニックで処方してもらおう

色々な薬

男性と女性が性行為をすると、妊娠をする可能性があります。
男性の精子と女性の卵子が体内で受精をする可能性があることから、起こりうることです。
しかしながら、誰もが妊娠をすることを望んでいるわけではありません。
若すぎたり、学校や仕事の関係などえ子どもを産み育てることができない場合もあるのです。
そういったときには事前に避妊をするように心がけたほうがいいでしょう。
一般的な避妊方法として、日本で有名なのが男性の着用するコンドームです。
男性主導であるために、男性が拒否すると避妊することができなくなります。
そこで女性が自分でできるピルの服用を検討してみてもいいでしょう。
ピルというのはホルモン剤の入った経口避妊薬であって、海外では最も使用されている避妊具の一つになります。
日本ではここ最近浸透してきている状態であって、女性の間でも利用されるようになっています。
ピルの仕組みとしては、ホルモン剤の入った錠剤を毎日しっかりと飲むことでホルモンバランスを整えます。
そして生理周期を28日に固定して、女性の排卵を抑制するというものなのです。
ですから、精子が体内に入ったとしても妊娠を防ぐことができるというわけなのです。
ピルを入手するのは、産婦人科などのクリニックに行って受診をする必要があります。
医師に診てもらうことで、ピルを出してもらうことができるのです。
持病などがある人ではなおさら気をつけたほうがいいでしょう。
性行為によって妊娠する心配がある人であれば、有効な手段として、低用量ピルを服用するといいでしょう。
また、性行為のあとに妊娠の可能性があるときには受精卵を着床させないという緊急用の中用量ピルを飲む方法もあるということを知っておくといいでしょう。

関連記事