• ホーム
  • 家族性疾患を持つ方が妊娠時期を調節するはピルが最適

家族性疾患を持つ方が妊娠時期を調節するはピルが最適

近年、海外の著名な女優が、先天的な家族性疾患を持っているため、予防を兼ねて事前に治療を受けるといったニュースが世間を騒がせていますが、医学の急速な進歩とともに、このような遺伝的に何らかの病気を発症する確率が、他よりも高まってしまう場合、リスクを最小に抑えるために未然に対策を取るということも、有益なことだと判断されることも増えて来ました。
ある意味、病気を早期に発見するために、定期的に検診を受ける、という意識と通ずるところがあり、このような対策こそが、健康で長生きができる秘訣であるとも言えます。
そして、子供を持つという人生における大きな問題を考えた時、このような家族性の疾患を持つ女性は、自分や子供に取ってよりよいタイミングで妊娠するために、ピルを使って調節することも、非常に有益です。
今は妊娠すべきタイミングではない、と考えられるとき、確実に避妊できる対策を取らなければ、心身ともに多大なる負担を背負わなければならなくなるのは、女性自身です。
男性が行う避妊もありますが、ピルを服用しているほうが、断然、避妊成功確率は高まり、望まない時期の妊娠を回避させることが出来ます。
近年クリニックで処方されるピルは低用量ピルで、ホルモン剤の含有量も少なく、より副作用の危険性を抑えながら、安全に服用できるようになっています。
毎日一錠、飲み忘れることなく服用していれば、予期せぬ時期に妊娠してしまうといった危険は避けられ、子供を持ちたいと考えれば服用を止めればよいだけです。
ピルを服用するようになると、生理周期も安定し、自身の生理予定日も確実に把握できるようになるので、スケジュール管理もしやすくなり、日常生活は快適になります。

関連記事