• ホーム
  • ピルは40代からの抜け毛改善にも効果あり

ピルは40代からの抜け毛改善にも効果あり

ピルと言えば妊娠を防ぐための薬ですが、実は抜け毛予防にも効果があると言われています。
特に女性は40代を過ぎると卵巣から分泌されていた女性ホルモンの量が減ってしまいます。
これが更年期障害と言われるもので代表的な症状にほてりやのぼせ、倦怠感、鬱のような症状があります。
一説には100種類以上もの更年期障害の症状があると言われているのですが、その中には抜け毛も含まれています。
1日に100本程度髪の毛が抜けてしまうのは健康な人では当たり前のことなのですが、その数が増える一方でだんだんと髪の毛が薄くなってしまったという女性は40代50代あたりから増えてしまいます。
これは女性ホルモンの中のエストロゲンというホルモンの分泌量が減少してしまったことが関係していると言われています。
エストロゲンにはコラーゲンの生成を促す効果があり女性には美肌ホルモンとして知られています。
コラーゲンは肌だけではなく髪や頭皮を健康に保つ働きもあるため、エストロゲンの分泌量が減りコラーゲンの生成が減少してしまうと、髪が細くなって抜けやすくなってしまったり、頭皮にトラブルが起こって必要な栄養素が髪の毛に行き届かなくなってしまい、抜け毛や薄毛に悩んでしまいます。
産後に抜け毛で悩む女性も妊娠中に増えていたエストロゲンが減少したことが原因で抜け毛が多くなったと感じてしまっているのです。
また、女性ホルモンの分泌量が減ると相対的に男性ホルモンの影響が大きくなってしまうので、抜け毛が増えやすくなるとも言われています。
低用量ピルにはエストロゲンが配合されているので、飲むことで体内のホルモンバランスが整って健康な髪を維持することができるようになります。

関連記事