News
多様な薬

ピルは女性ホルモンを薬でコントロールすることで避妊を行ったり、生理周期の改善を行うことができるものです。
そのため、生理がある年代の人ならば10代から40代ごろまで利用することができます。
ピルの処方に関しては35歳以上の人や1日の15本以上の喫煙を行っている人、高湿血症の人、高血圧の人などは血栓症のリスクが高くなってしまい、乳がんや子宮頸がんなどの婦人科系のエストロゲン由来のがんになっている人、その疑いがある場合には症状が悪化してしまったり治療の妨げになってしまうため定期的に生理がある人でもピルの処方は行われません。
どちらかと言えば、年齢が高い人への処方は制限されるケースが多いのですが、年齢が若い人に対してはピルの処方に関して特に大きな制限がないのが実情です。
特に若い世代の人はホルモンバランスが不安定なため、生理不順になってしまいがちです。
生理不順になってしまうと学校の行事やイベント、部活の大会などの予定を組み立てるのが難しくなってしまうため、生理周期の改善のために服用することも問題ありません。
また、性の低年齢化も大きな問題となっています。
ピルを飲むことで妊娠を防ぐことができるため、避妊を目的にして未成年でも飲み始める人は少なくありません。
ピルはPMSや生理痛などの病気でなければ健康保険を利用して処方されることはなく自費での負担となってしまうため、受診の際に保険証が不要だという病院が少なくありません。
そのため、未成年であっても自分でピルを購入することも出来てしまいます。
「子供が未成年のうちからピルを飲むのは反対だ」という場合には、子供と良く話し合いを行うことが重要になってきます。

記事一覧

ピルにも様々な種類がありますが、大きく分けると毎日服用することで避妊効果を得る低用量ピルと、妊娠回避...

血圧が高くなると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など命に関わる病気になってしまうリスクが上がってしまいます...

ピルと言えば妊娠を防ぐための薬ですが、実は抜け毛予防にも効果があると言われています。 特に女性は40...

近年、海外の著名な女優が、先天的な家族性疾患を持っているため、予防を兼ねて事前に治療を受けるといった...

色々な薬

男性と女性が性行為をすると、妊娠をする可能性があります。 男性の精子と女性の卵子が体内で受精をする可...

薬を飲んでいる女性

最近は多くの女性がピルを服用するようになっています。 これも十数年前から日本でも出回るようになってお...

考えている女性

ピルは通常ですと大人が利用する薬というイメージの方が強いのですが、しかし実はそうした考え方は正しいも...

微笑む女性

日本は世界と比べても性教育に対しておよび腰な部分があるというのが事実です。 かつてと比べれば人工妊娠...